骨が弱くなる骨粗鬆症は予防が大事|健康食品で体内から改善

ナース

避けたい病気

医薬品

食事療法と運動療法も大事

糖尿病の治療でよく使われる薬と言えば、GLP-1受容体作動薬です。これは、体内の酵素に壊されにくいのが最大の特徴で、効果も長続きします。また、この薬はGLPの影響を受けません。なので、食欲を抑えられて体重を減らすことができます。ただ、吐き気や便秘などの副作用が出ることがあるので、頭に入れておきましょう。また、糖尿病は食事療法が最も大切と言われています。一番安全な内科的治療と言ってもいいでしょう。血糖値を乱高下させない食事を心がけることです。食事療法は難しいと思われがちですが、必要な知識は医師や管理栄養士が教えてくれるので心配はいりません。もちろん、運動療法も大事です。ただし、どのくらいの運動が必要かはきちんと医師に聞きましょう。

副作用もある

糖尿病の治療法は色々あります。最近は外科的処置で治療するケースも目立ってきました。しかし、今でも内科的アプローチが基本です。食事療法と運動療法を軸に治療を進めますが、これらだけでは改善しないこともあります。その場合は、薬物治療が必要です。インクレチン関連薬は効果が高いですが、注意したいこともあります。SU剤を併用するのはやめた方がいいでしょう。効きすぎて低血糖を起こす可能性があるからです。副作用については医師にきちんと教えてもらうようにしましょう。ちなみに、糖尿病の検査は一般内科よりも、より専門性が高い科に行くことです。内分泌代謝内科や糖尿病内科がいいでしょう。安心して治療を受けることができます。