骨が弱くなる骨粗鬆症は予防が大事|健康食品で体内から改善

医者と看護師

治りにくいがんです

ドクター

すい臓は消化や血糖値に影響を与える大切な臓器ですが、すい臓がんは早期発見がしにくい上に、治療が難しいがんだと言われています。この病気では手術や抗がん剤治療が一般的ですが、まだ最適な治療法が見つからない状態であり、免疫療法などの新しい方法にも注目が集まっています。

詳細

カルシウムが溶け出す

看護師

骨折しやすくなる

骨は糖たんぱく質やコラーゲンで作られた構築物にカルシウムがくっついて硬い組織となっています。骨粗鬆症は、そのカルシウムが溶け出して骨がスカスカになり強度が低下するため骨折しやすくなった状態のことです。様々な病気や薬が原因となることもありますが、主に40歳を過ぎて始まる老化現象の1つです。骨粗鬆症には特徴的な自覚症状は見られませんが、ほんのちょっとのことで骨折するようになり、進行すると軽くおじぎをしただけで腰の骨が折れたり、くしゃみや咳をしただけで、背骨が折れたりするようになります。骨折予防のために、筋力や関節の運動能力を維持するような運動を続けましょう。また、転倒予防を考慮した環境整備も大切です。

骨密度で判定

骨粗鬆症は骨密度で判定します。骨密度が若年層の平均骨密度の70%未満であれば骨粗鬆症と診断されます。骨量は通常成長期に増加して30〜40歳でピークを迎えます。女性ホルモンの分泌が減少すると、骨を作る力も低下するので、閉経後の女性は骨粗鬆症に罹りやすいといえます。特に60歳以上の女性は閉経後急速に骨量が減少するので骨密度検査は欠かせないものです。骨粗鬆症は、特徴的な自覚症状がないため閉経後の女性に異常が見られなくても骨密度測定や血液や尿から骨の状態を測る骨代謝マーカーの測定をすることをおすすめします。骨粗鬆症を予防するには乳製品を中心としたバランスの良い食事をとることと、腰痛などを起こさないような適度な運動が効果的です。骨の劣化を予防するために、カルシウムとビタミンDを豊富に含む食品を積極的にとりましょう。

健康診断で指摘されたら

病院

健康診断で中性脂肪の再検査や高血圧の改善が求められた場合は、一般内科や循環器内科などへ適宜訪れましょう。城東区には夜間診療を提供する内科が点在しますから、お勤め帰りでも通いやすくなっています。ただし最終受付時間には留意が必要ですので、事前に問い合わせておくと安心です。

詳細

避けたい病気

医薬品

食事療法や運動療法が糖尿病治療の基本とされています。しかし、これらだけでは改善しないこともあります。その場合は。薬物治療を受けましょう。最近は、効果の高い薬があります。注意点もありますが、期待していいでしょう。

詳細